いったことある場所

注目の投稿

丸山千枚田での写真の話。

実習オチタ?と思しき事態が発生したためなーんにもやる気がしない主です。そんなことはさておき、先日の記事で紹介した紀伊半島一周の際に立ち寄った丸山千枚田で撮影した写真の話です。 http://kumano-furusato.com/senmaida/index.html...

2017年1月5日木曜日

丸山千枚田での写真の話。

実習オチタ?と思しき事態が発生したためなーんにもやる気がしない主です。そんなことはさておき、先日の記事で紹介した紀伊半島一周の際に立ち寄った丸山千枚田で撮影した写真の話です。



http://kumano-furusato.com/senmaida/index.html
↑一版財団法人熊野市ふるさと振興公社

熊野の山奥にある千枚田で、斜面に作られた田んぼは1340枚あまり。(H10年)
四季折々で色を変え表情を変える田んぼと棚田の美しさ、圧倒的な棚田の多さを誇り、全国の棚田百選にも選ばれている地区のひとつ。

記事にも書いたとおり、私は完全に近くを通るからいってみようという気持ちでぷらっと寄ったのですが、その美しさにハマってちょっとの寄り道が数時間の寄り道になってしまいました。

 アイポン発色いいなおい・・
話題の彼女?

 iso200 F5 1/13
 iso200 F18 2sec
 iso100 F15 15sec +0.7


はじめは雨上がりで湿気てるし、ガスが出ていて視程も悪く日陰になっていてだんだんと暗くなっていく中での撮影だったので色が出ないと考えていたのですが(まだ実る前だし)、実際は色づいているさなかだったので割りとハッキリ見えていたのでした。

iso100 F14 20sec +0.7
段々になっているのが個人的には表現したくて横から撮影したり

iso100 F11 15sec +0.7
上から見下ろしてみたり・・・

iso100 F11 20sec
大規模な場所でしか表現できなさそうな近くに田んぼ遠くに段々みたいな構図も

 iso400 F9 15sec

↑はぼけてるし。

いろいろやったのですが構図がうまくまとまらず。
徐々に暗くなっていってしまい、返ろうと車にのろうとしたときでした。
iso400 F10 84.3sec
岩がライトアップされ、ろうそく明かりで「丸山千枚田」と書かれているではありませんか!

これをきれいに撮影するべく三脚を持ってきて急いで立てて、レリーズも引っ張り出しまして、たくさんとりましたね。構図もほぼ考えずに。

iso200 F3.5 27.2sec

iso200 F3.5 273.7sec

地元の保存会の人たちが、その日は京都の大文字焼きがある日ということで其れにちなんで文字を作ったとのことを話から伺い、評判がよければ続けるそうなのでやる気に火もつき、気合を入れて写真を撮影しました。(構図も変えず。

iso200 F3.5 123.1sec

そして俯瞰から撮影できるスポットがあるとのことを後で聞き、ろうそくが消える前に移動してそこからの撮影を行いました。


露光足りなかったり、


iso200 F4 30.6sec
ガスが出てきてうまいこと撮影できなかったり、

 iso 3200 F4 28sec
iso400 F4 160.2sec

明るすぎて文字が飛んだり

iso400 F4 266.2


いろいろしましたが、きれいにいったものと、HDR合成をしたものを印刷をして教えてもらったお礼に送ったのでした。

HDR

さすがに技術の甘さとかも感じましたが、このときくらいでしょうか、PCも不調だったために取り込みにも編集にも時間がかかりストレスMAXだったため、あまりいい記憶がありません。次はもっと時間に余裕を持って、構図を決める時間をたっぷりと用意し、言ってしまえば撮影のためだけに行くくらいの気概で撮影に望もうと思いますね!


※棚田だけではありませんがアマチュアカメラマン、プロカメラマンを問わずに注意してほしいことがあります。この場所自体は私有地であり財産であるため、田んぼへの侵入、畝への侵入は田んぼへの害虫、外来生物の搬入をもたらし、また無断での進入そのものも罪に処される場合があります。そのことを念頭に置いた上で撮影をお願いします。また、駐車場もありますが、遠足同様ゴミを駐車場周辺に捨てるなどは言語道断です。また駐車場も勢いよく縁石に突っ込めば縁石が壊れ下に落ちますし、アンカーが地面を抉り、不用意な田んぼへの被害につながります。できるだけ駐車も慎重にしてください。あと、農作業のための車は路駐をする場合がありますが、一般車が路駐をするのは非常に迷惑です。撮影をする際はぜひマナーを守ってくださいね。

2017年1月4日水曜日

86に乗ったりFITで紀伊半島一周したりしていました。

8月の2日に86に乗ったり8月16日にはFitで紀伊半島一周をしていました。
テスト明けというのは一気に力を解放するような感じで遊べるんですよねェ。


86を借りたのはツレを飲み会の会場から送り届けるために借りたのもあって、夕方から翌夕方にかけてレンタルいたしまして。余った時間でドライブを楽しみました。



河原沿いをずっと走れるところまで走ったり、

以前見つけていた足湯に入りにきてみたり。

iso100 ss1/20 F13+0.7 18mm
※岐阜県 道の駅月の里南濃

iso100 1/80 F13 25mm

この後、二之瀬峠というワインディングロードを走って撮影ポイントに移動しました。
ちなみにこの峠はローディーにとってもすごく楽しそうな道で、割と有名だったとかなんとか。道マニアとしても岐阜県と三重県で同じ番号の県道番号がついている珍しい道のひとつなんです。

 iso100 1/13 F11

iso200 1/25 F14
よく車屋さんで見るアングル。
※庭田山頂上公園

ちなみにこの後、ユニークな駅舎で有名な三岐鉄道の駅のひとつを通るということで、撮影してきました。

こんなオブジェがある駅は・・・ひとつ。北勢中央公園口駅。
 iso100 1/100 F14
 iso100 1/60 F11
駅の看板も入れようとして1/25までSS遅くすると流れまくって何がなんだか分からない状態に・・・




三重のトヨタレンタリースの86はこの借りた日は6万キロ弱だったのでそろそろ乗れなくなるかもしれないと思いながらのレンタルで、また息抜きにいつか借りたいなぁと思いを立てられるのでした。


ちなみにルートはこんなかんじ。うろおぼだし、スタート地点は途中からです。


日付が変わって8月16日は紀伊半島一周をFitでしてきました。
 iso 100 1/40 F11
ピッカピカやぞ
ルートはこのかんじ。
でかいなー(棒

今回は完全にドライブだったので途中の写真はある一部を除きゼロ。Goproも壊れてからの話なので、撮影がうまくいってませんでした(残念
人生初のヒッチハイカーを乗せたときでもありましたねー。一度は過ぎ去ったのですが、途中で雨が降ってきていて、誰も車に乗せてくれないかもしれない・・と思ってさっと戻ってすっと乗せてしまいました。
ちなみにフランス人だったのですが、英語でしか会話ができないので、あっちも片ことこっちも片ことと、コミュニケーションに難がありましたが、アノ明るさはすごいなぁって関心してました。
ボクも知らなかったのですが熊野の花火大会があったとかで、鬼ヶ城まで乗せていき、その後は渋滞に巻き込まれながらの移動となりました。

途中でぽこっと内側に折れてると思うのですが、丸山千枚田に行ったことがないと思い出して、ちょろっとよってみようと寄ったしだいなのですが・・・
 iso200 1/13 F5

きれいな場所だなぁと撮影をしていたら、今日は京都の大文字焼があるということでそれに因んだ丸山焼をやるのだそうで、こちらはろうそくで火をともしておりました。


iso400 ss365秒 F4

語彙力がないので「きれい」としか言いようがないのが個人的に表現を増やさないとなぁって思います。
フラッシュを炊くことで反射板を光らせてより日本らしく見えるのです。

ちなみに没も含めたものについてはまた別の記事にて。

2017年1月2日月曜日

三ヶ根山スカイラインとあじさいの里で二度おいしい。2


いきなりですがあじさいの里です。
曇っていたので後ろが完全に白とびしてます。残念・・・あじさいの里自体に駐車場はなくて、近くにあるお寺からスペースを借りて駐車する形式なのです。確か一日500円と良心的なのでお金ぐらいは払ってくださいね。無断駐車&スペースの占領が目立つそうです。あと、間をせまめにとめないとうまく入らないので、扉を大きく開ける癖のある人はがんばって間をつめてください。


ドライブしてからくるもよし、バスでくるもよしなのですが、一番は片原温泉に宿泊することですね。中がすごいのと、ライトアップもきちんと見えるということなのでぜひいかが?


個人的にきれいだなぁと思った品種を。
一つ目なんて名前がネタかよって思ったけどそれはさておき、輪郭がわかる花はなかなかないのと集合体なのに一つ一つがわかるというのは素敵だなぁっておもいます。そういう花が好きなのかもしれないですが。

iso200 ss 1/20 47mm F10

雨は降っていなかったのですが、水まきをきちんとされているので水滴がきれいに乗っています。


Iso200 ss 1/20 29mm F13


たまたま望遠がなかったので全体をという感じになってしまったのですが、水辺に反射する赤橋と紫陽花のコラボはいいですね!
近くでカメラを構えて同じ構図から撮影していたご婦人がいたので真似てみました。

iso 200 ss1/25 39mm F11 強制発光

個人的にこの旅行で一番いいできの写真。青のベースに赤いグラデーションのこの紫陽花はオーソドックスな紫陽花とはまた違った印象がありました。



てより大きい紫陽花の花です。




奥にもさらに豊かなあじさいたちが。

 iso 125 ss1/20 45mm F10

こんなに低いところに咲いている紫陽花というのも珍しい気がします。低いところに大きな葉を構えていると身を置きたくなりますね・・・

あひるさんのサービスショットです。


ふつうの紫陽花は180度どこから撮影しても向きがないので楽チンです。額紫陽花は除いてですが。こんな豊かな紫陽花たちが見られるのはシーズン中で、しかも大雨が降ると見られなくなってしまうので天気がよさそうな日はぜひ見に行ってみてください。シーズン中は片原温泉も人気なのでもちろんはやめのご予約を。